記帳代行・経理外注承ります!

当記事をお読みいただいている方が、個人事業主、法人の経営者や責任者の方ならば、記帳代行・経理外注をぜひご検討ください。

梓川(横尾手前)2022.5.3

記帳代行は、要は、会計システムへの入力をすることです。会計システムに入力しなければならならいのは、容易に複式簿記を実現するだけでなく、試算表、総勘定元帳や決算書の出力も簡単にできるようになるためです。会計システムといっても、帳票類の様式だけでなく、それぞれ様々な機能を有し、貴方のニーズに適した管理を可能とします。ただ会計システムの利用に習熟する必要があります。

また、記帳代行はただ単にリソースが必要ということもありますが、月次決算や部門別損益を行うとなるとさらにリソースも必要になりますし、要求されるスキルもあがります。貴方の会計数値の使い方によって、提供するサービスをカスタマイズします。それに対する料金は、事前にお見積り(量と難易度)をさせていただきます。弊事務所は市場調査(ネット)に基づき平均的な料金を算出し、それよりも少しだけかもしれませんが、安い価格に設定しています。もちろん、年一回の税務申告のためだけの記帳代行でも歓迎です。

経理外注は、記帳代行も含まれるとは思いますが、支払業務や回収・消込業務のお手伝いをさせていただきます。様々なツールやサービスが存在しますので、それらを駆使し、または弊事務所のリソースでアウトソースすることも含めて、一緒に貴方の最適解を考えたいと思います。

ご検討されている方ならば、下記のリンクからフォームを開き、ご入力ください。

事業規模(年間売上高・従業員数など)、事業種、弊事務所に任すことをご検討いただいている業務、貴方のご予算などを記載いただいていると(弊事務所側のことになりますがイメージしやすくなるために)ご返事差し上げやすくなります。

まずは、メールのやりとりからになりますが、お気軽にフォームをお開きいただければ幸いです。

『お問い合わせフォーム』

梓川(横尾手前)2022.5.3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。